バッテリー再生の最新技術!従来の技術とは全く違う化学的な最新再生技術!

当社の再生品を搭載した原付EVバイクがハーレーと互角!

先日、コンバートEVを製作する既存のお客様から、この様な電話を頂きました。

「8月7日に改造原付EVバイクで、ハーレーと0-40mを勝負するので、
横180mm・奥行150mm・高さ170mm位のサイクル電池を2個欲しい」との事でした。

詳しく、話をお伺いいたしますと、市販のアメリカ製・EVバイクに15KW(15,000W)
のモーターを取りつけて、ハーレーダビットソンと0-40mを、勝負するというのです。

出力に要する電流は620Aで、この電流を約20秒間だけ放電出来れば良いとの事でした。

しかし、この大きさで620A!!......しかも20秒間も....はたして...

数多くの鉛蓄電池の再生に携わってきた当社であります。
数多くの電池性能を熟知している当社であります。

しかし、この大きさで公称容量を表示(メーカー表示)している物はありません。

当社でも、この種の電池に620Aの電流を流した事すらありません。
破損に繋がりますので、再生された電池の試験は公称容量内で行います。

検討の結果、GSyuasa PE12-17の再生電池を4個、使用する事にしました。

12V-17Ah(20時間率)の電池を2個を直列に接続し、これを2組作り、
2組を並列に接続し、24V-34Ah(20時間率)の電池を搭載する事に
したのです。

かなり不安でしたが......
実走行の様子は、こちらのYou Tubeにてご覧下さい。

動画の中盤に登場してくる、小型バイクが当社の再生電池を、搭載したEVバイクです。

結果:片道0-40mどころか4往復も走行しました!!

【使用した電池】

GSyuasa PE12-17

画像の説明

1個(12V)直列1個(12V)=24V-17Ah(20時間率)
       ↓
2個(24V)並列2個(24V)=24V-34Ah(20時間率)

製作者の先野さんは、最初、
提供した電池が再生品とは知らず

後日の電話にて、「新品価格が20,000円/個もする電池がどうして、こんな安価で提供できたの?」と知らせがありました。

それは、当社の再生品ですよ!!!...
かなり、驚いた様子でした。


次は、ハイブリッドEVフォーミュラー・カーでギネスに挑戦です。


a:7637 t:1 y:1

EVバイクが当社の再生バッテリーで、ハーレーに挑戦!【動画】

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional