バッテリー再生の最新技術!従来の技術とは全く違う化学的な最新再生技術!

では、何故バッテリーは再生可能なのか?

ここから、バッテリー再生の技術が明らかに!

しかし残念な事に....

今日まで、バッテリー再生は「インチキだ」・「嘘つきだ」・「まやかしだ」と、言う物が非常に多くありました。

それらはバッテリーが寿命を迎える原因を、物理的で強引に解決しようとしたものであり、科学的に根本を解決しようと、していなかったからなのです。

確かに、従来の方法でも大・小の効果は認められます。
弊社でも、あらゆる効果は承知しています。


しかし.....劣化したバッテリーを新品以上に回復させるには至りません。
改めてお断りいたします。この技術は、従来からある

[check]パルス充電再生方式
[check]バッテリー強化剤(強化するだけの添加剤)

とは、「違います。」


根本の違いは、次より明らかにされます。
次から文字と文字の色に注目して下さい。
どうぞ、最後まで根気よく読まれてください。重要な事が判明いたします。

 
皆さんも御存じの通り、バッテリー(鉛蓄電池)は極板に(二酸化鉛)を使用し、液体の希硫酸とが化学反応を起こして電気を発生しています。


化学式は

[check]硫酸=2H2SO4
[check]二酸化PBO2      です。

ここまで、ご理解いただけましたら、バッテリーが劣化する最大の原因を、説明致します。


原因は。

[check]過酷な使用による極板の脱落
[check]放置の末の過放電
[check]バッテリー液の乾き
[check]バッテリーケース自体を破損
[check]過充電による極板等の破損

これらの原因で壊れてしまったものは、復元は不可能です。しかし.......
これらの原因は少数の約25%です。
 
最大原因の約75%は、希硫酸が電気に変わる時に起こる化学変化の、白色硫酸化(サルフェーション)によるものです。


この化学変化なくして電気は発生しないのですが、結晶化された硫酸が時間の経過と共に極板に付着し、やがて極板全体を覆い尽し、不導体となって寿命を迎えるのです。

 
※(硫酸鉛は結晶化すると電気を通しません。温泉地の湯の花の様な物。)

画像の説明画像の説明画像の説明
極板を覆ったサルフェーション拡大図正常な極板



しかし、このサルフェーション(硫酸)は、電気の源である希硫酸の大切な1部なのです。
 
※ここで、思い出して下さい。

不導体となると共に、極板に付着したままだと電気を起こす大切な材料が無い」事になります。

下の、(放電→)と(充電←)の化学変化を表した、化学式を見てみると良く分かります。

画像の説明

お分かりになりましたでしょうか?

画像の説明

水では電気は発生しません。


電気を生むメカニズムを簡単に言いますと、鉛と硫酸が反応し、化学変化を起こす(硫酸鉛と水に変化する)時に電子を放出し、電気が生まれます。

 
その結果できる物質が、PbSO4硫酸)と2H2O(水)です。


また、充電によって電気の力を借りる事により、PbSO4硫酸)は元の希硫酸(2H2SO4)に戻っていきます。

 
最初の頃は微量ですが、時間の経過と共に完全に希硫酸に変化出来なかったSO4が、少しづつ極板に蓄積され、上の写真の様に極板を覆ってしまうのです。
この現象が電気の出入りの不導体となると共に、材料が「無い」と、なる訳です。


  SO4が元の希硫酸に戻れば、電気を発生する

×  戻らなければ(水)電気は発生しない

希硫酸が出来なければ、電気は起きません。!これが最大の原因、サルフェーションです。

 
従来からあるパルス充電方式で振動をかけ、「サルフェーション」を極板からふるい落しても以上の説明でお分かりだと思います。  
物理的な方法です。


SO4は、大切な材料の1部なのですから。また、振動をかける処理は、極板にダメージを与えてしまいます。


ましてや、通電性の良い「活剤等」の、強化剤を注入しても、極板表面が絶縁体である、サルフェーションで覆われたままでは、通電する事が出来ません。
物理的な方法です。


残念ながらこれらの方法では、根本の解決になっていません。

ここが重要!


バッテリーを復活させる方法とは! ただ、1つ

 
極板を痛めることのない様に必要な時間をかけ、発生したサルフェーション(硫酸鉛結晶)
を元の希硫酸に「溶解する」、「溶かし戻す」事、これが最も重要で効果的な事なのです。

 
硫酸鉛を溶解するには、長年の研究の末、開発に成功した特殊添加剤と、
独自の再生ノウハウによる技術で実現出来るものです。 申し訳ありません。
添加剤の成分に関しては申し上げられません。
 
重要なことは大切な材料の1部である硫酸鉛を溶解し、元の希硫酸戻せるか否か
と言う事です。さらに重要な事は、電気を生む過程で鉛の+イオンと硫酸の-イオンを
いかに、細微分結晶化させるかなのです。
したがって、添加剤の成分が非常に重要になってきます。


よく、「サルフェーションを防止すると言う添加剤がありますが、電気を生む過程で必ず
サルフェーションは起こります。前にも述べましたように、この化学変化なくして電気は
発生しません。しかし、この結晶が小さな物であれば直ぐに希硫酸に戻って行き、
バッテリーは蘇り、長寿命化する事になります。


ただ、これだけの事なのです。単純な理屈です。
しかし、鉛蓄電池の長い歴史の中でも困難な事でした。



実際に御使用されているプロの方々から、この様なお言葉を頂きました。

画像の説明では、実際に再生バッテリーを使用されているお客様の声は......


a:30362 t:16 y:15

なぜ再生可能か

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional